法律 退職について

退職の際に起こりうるトラブルについて

従業員が会社を辞めさせてほしいと申し出た際、様々なトラブルに巻き込まれることがあります。
会社を辞める際に起こりうる一番のトラブルは退職金を支払ってもらえないことです。
経営者にしてみれば慰労金くらいにしか思っていない為、気に入らない辞め方をした従業員には支払わなくてもよいと思われている社長も少なくありません。
退職金の支払いについて明確に定めた法律は存在しませんが、労働基準法の行政通達によれば、就業規則など社内の規定によって支給基準が明確に定められていれば、労働基準法上の賃金にあたる、という見解が示されています。
なので、支払期日が到来しても会社側から支払いが無い場合には、会社の所在地を管轄する労働基準監督署へ出向き、申告という手続きをとるのがベターです。
労働基準監督署では本人から聞き取り等を行ったうえで、法律違反が確定すれば会社に対して行政指導を行い、退職金を支払うように促してもらえます。

Copyright© 法律 退職 All Rights Reserved.