法律 退職について

退職のルールについて

会社に勤めているっ、仕事が自分に合わないなどと言った理由から会社を辞める決意をすることがあります。
では、従業員の立場から会社側に会社を辞めることを申し出る上で、どのような点に注意すればよいでしょうか。
会社を辞めること、即ち退職に関するルールについては法律上の定めはなく、就業規則など、会社で定められたルールに基づいて申し出ることになります。
就業規則には申し出の時期や、どのような職責の者に申し出たらよいか、ということが定められており、法律に定めがない以上、それに従うことになります。
会社のルールに従わない場合には、退職金を不支給にされたり、何かにかこつけて損害賠償を請求されるなど、トラブルに巻き込まれることが往々にしてあります。
無論、そうなれば裁判などの手続きで正々堂々と争えばよい、という考え方もありますが、かなりのストレスがかかります。
無用な争いを避ける意味でも、会社のルールに従い、円満退職することが賢明といえます。

Copyright© 法律 退職 All Rights Reserved.